古橋亨梧、チャンピオンズリーグ初ゴール

PVアクセスランキング にほんブログ村
海外サッカー
UEFA Champions League logo flag on flagpole textile cloth fabric waving on the top sunrise mist fog

古橋亨梧が記念すべき今季のチャンピオンズリーグで初ゴールを記録した。

本人にとって一生忘れることのないゴールとなったであろう。

グループステージ第2節のセルティックVSラツィオはホームのセルティックが1−2で敗戦しグループ内最下位に沈んでいる。

日本人選手4人が同時にピッチに立つゲームとなった。

wowow引用

CL出場は選手達にとってまさに夢舞台

子供の頃からヨーロッパサッカーに興味を持ち続けていた私ピチーチにとってもオールドサッカーファンにとっても感慨深い試合となった。

国別対抗戦において最高峰&権威性で言えばW杯において他はないが、クラブチームの大会においてチャンピオンズリーグこそ現時点では世界最高峰&権威性のある大会だ。

日本人選手でこの舞台に立つということはW杯のピッチに立つことと同等もしくはそれ以上の価値がある。

この試合においては日本人選手(古橋亨梧、前田大然、旗手怜央、鎌田大地)が同時に4人ピッチに立ったある意味記念すべき試合だった。

こういう世界最高峰の大会に参加している選手達を国内での親善試合には呼び寄せるのは何度も言っているが反対だ。

彼らには各クラブで活躍し確固たる地位を確立しさらなる飛躍へ向かうべく存在なのである。

森保監督の保身としか考えられない選手選考にメディアは誰もお咎めないのが日本サッカー界の問題である。

特にテレビ報道では誰一人として意に介さないのが不思議なくらいである。

選手達は代表からお呼びがかけられたら断りづらい立場

選手の気持ちを考慮するのであれば協会がしっかりとヨーロッパでプレーしている(特にCL出場選手達)選手達をサポートすべきである。

日本人選手のレベルアップする最高の環境に身をおいている選手達はしばらく放ったらかし状態で良い。

何度も言っているが次回のW杯ではアジア枠拡大が決定しているのでよほどのことがない限りアジア予選敗退は考えにくい。

スポンサーを考慮しての選手選考はある程度は理解しなくてはならないが、本番を見据えた選手選考をしてほしい。

森保ジャパンは本当にW杯ベスト8を狙っているのか?

もちろん目標はW杯のベスト8であると思うが、であるならばである。

今こそ、国内で選手を選び国際試合の経験を積ませてヨーロッパ組の選手達と競争させる時期ではないか?

選手が国際舞台に慣れるためには多くの選手達を試すべきである。

その結果が選手層を厚くさせ新陳代謝のある活気ある森保ジャパンになるのではないかと思うのは私ピチーチだけではないはず。

まとめ:CL出場選手達を日本に呼び寄せるのは反対

CL出場選手達を呼び寄せ国内でプレーし各クラブへ戻るとポジションがなくなっている可能性がある。

そのリスクを負いながらの帰国&プレーであることを森保監督は理解してほしい。

国内での親善試合で怪我するとなればそれこそ森保監督の責任であるとメディアはもっと言うべきである。

日本サッカーの成長にブレーキをかける選手選考に納得いかない

このCLの試合をみてつくづく思うのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました