ルヴァンカップ2023グループステージ総括

PVアクセスランキング にほんブログ村
Jリーグ

ルヴァンカップ2023もグループステージが終了。

J1リーグで順調なクラブがそのままの勢いで勝ち進んだケースもあれば、そうでないクラブもありカップ戦の難しさを露呈してしまったクラブもある。

J2のクラブがカップ戦を制するということはたまにあることなので、ジャイアントキリングは見ていて楽しい。

というわでグループステージを総括しつつ今後の展開がどうなるか?

J1同様に好調なのがやっぱり横浜FM

横浜FM6−1鳥栖と圧勝のゲームだった。

グループステージ突破は試合前から決まっていたとはいえホームとはいえである。

リーグ戦勢いそのままにという感じか。

絶好調なのにもかかわらず日本代表には呼ばれない選手たちばかりで、森保監督の選出基準はどうなっているのか問いたい。

J1で活躍している選手をベースに代表を構成するのは王道で、ましてや本番のW杯まで3年あるので選手層を厚くするための親善試合・強化試合なのであれば尚更マリノスの戦いを見て残念に思う。

今季は浦和の4冠達成なるかどうかが注目ポイントだがストップを掛けるとすればマリノスだと思う。

そう言い切れるぐらい今のマリノスには穴がない状態だ。

浦和も最終節手堅く引き分けでグループステージ首位通過

J1リーグ戦でも好調な浦和はルヴァンカップ2023も制覇できる状態にある。

リーグ戦では消化試合が少ないのにいい位置につけている。

首位のマリノスにとって2位の神戸より浦和のほうが気になる存在だろう。

ACL制覇でチーム状態・雰囲気は悪くないどころかかなりいいだろう。

残り3つも充分ターゲットとして虎視眈々と狙っているのでリーグ戦とどのように並行して選手をやりくりするのか監督采配に注目である。

神戸はグループステージ敗退

リーグ戦では現在2位で初優勝を狙える順位だが、ルヴァンカップ2023はグループステージを最下位で終えてしまったことに不安を覚える。

もちろん選手達は手を抜いている訳では無いが、まさかの最下位で敗退してしまった。

この敗退がリーグ戦にどう影響するのか?

同組の名古屋は首位でグループステージを突破しているが名古屋もリーグ戦では好調を維持しており、リーグ制覇も充分狙える順位だ。

まとめ:神戸の今季は無冠に終わる可能性は高い

横浜FM、浦和、名古屋はリーグ戦同様にルヴァンカップ2023も着実にグループステージ突破したがリーグ戦好調の神戸はグループステージ最下位というところが引っかかる。

嫌な流れがリーグ戦再開時に出なければいいが、今夏のプレシーズンマッチ期間中での選手の補強をどうするか注目である。

同じ関西圏でリーグ戦不調でもカップ戦好調なのがG大阪。

グループステージ首位突破なので今季リーグ戦はJ1維持でルヴァンカップ2023と天皇杯に照準を合わせたほうがファンは納得いくだろう。

柏ファン
柏ファン

悲しいのは柏。監督交代しても好転せずグループステージ最終節でも敗戦

相変わらず苦戦続きなのが柏レイソル。

監督交代しても好転せず依然として厳しい状況が続くが、何か策はあるのか?

福岡監督時代もあまり良い成績は残せなかっただけに、柏での成績如何では今後J1で指揮できないかもしれない。

サッカーの監督は選手時代の実績・経験はあまり関係ないとはよく聞くがまさにこのことである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました